インプラント

インプラント治療とは?

歯が失われた場所に、歯の根の代わるもの(人口の歯根)を埋め込み、それが骨としっかりと付いた段階で人口の歯をかぶせる治療法をいいます。

インプラント治療により、歯が生えていた頃と同様の機能性と、美しさを取り戻すことができます。素材はチタン製でできており骨と一体化する性質があり、また、金属アレルギーの心配がほとんどありません。

当院では、これまでに多くのインプラント治療の実績があり、歯を失ってお困りの方にインプラント治療をおすすめいたします。

こんな方におすすめします

  • 審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある。
  • 入れ歯の脱着がわずらわしい。
  • 入れ歯が気持ち悪くて装着できない。
  • 入れ歯が合わなくなった。
  • 一番奥の歯が抜けていて、ブリッジができない。
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
  • ブリッジをするために健康な歯を削りたくない。
  • 交通事故の外傷などで歯を失ってしまった。

このようなメリットがあります

  • 見た目が自然で、口元を人前で気にすることがありません。
  • 天然の歯と同じような機能が期待できます。
  • 噛み合わせの安定を長期間保つことが出来ます。
  • 入れ歯のように毎日取り外す必要がありません。
  • ブリッジの治療のように、隣の歯を削らなくても大丈夫です。
  • ご高齢の方にとっては、自然な咀嘔運動の促進により、痴呆症の防止につながります。

インプラント治療について

歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行う事が出来ます。

歯を何本か失った場合

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いてブリッジタイプのさし歯治療を行います。入れ歯を固定する為の金属のバネによる違和感は、もちろんありません。

歯を全て失った場合

従来の総入れ歯ではなく、インプラントを用いて治療します。この方法なら、インプラントが義歯を支える土台となる為、お口の中で義歯を安定させる事ができ、咀嚼効率もあがります。

インプラント治療の流れ

診断と治療計画

レントゲン・口腔内写真撮影などによって十分な診断後、インプラントに関する説明を行います。

インプラントの埋込み手術

チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。

骨との結合を待つ

インプラントと骨がしっかりくっつくまで約6週~24週間待ちます。この期間は、インプラントの上に仮歯をいれておきます。

歯の装着

出来上がった人工の歯を取り付けます。

メンテナンス

インプラントを快適に使っていただくためにも、メンテナンスが大切です。正しい歯磨きや定期検診を受けましょう。

※患者様の症例により、治療の流れに多少の違いがあります。

Q&A

誰にでも治療は受けられますか?
年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から、健全な方であれば基本的に誰でも治療を受ける事が出来ます。ただし、全身疾患、妊娠中の方などはインプラント治療を受けられない場合がありますので、担当医にご相談下さい。
手術の際に入院が必要ですか?
基本的には入院の必要はありません。但し、特殊な症例の場合や、全身疾患を有する患者さんの場合には、入院して手術を行う事もあります。
治療期間はどのくらいかかるのですか?
インプラントを埋入した部分や個人によって差がありますが、4ヶ月から7ヶ月程度の治療期間が必要となります。
インプラントはどのくらいもちますか?
患者さんのお口の中の衛生管理大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。常に衛生状態を良好に保ち、担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。
治療費用はどのくらいかかりますか?
現在保険治療の適用になっていません。埋入するインプラントの本数など治療の内容により異なりますので、詳しくは担当医師にご確認下さい。
インプラントの手術が怖く感じるのですが・・・
インプラントの手術が怖いというイメージを持つ方も多くいらっしゃいます。確かに、「手術」と聞くと、恐いイメージを持ちます。そのお気持ちはよく分かります。しかし、実際には歯を抜くような程度の手術ですので、ケースにもよりますが、そのほとんどが小手術だと思っていただければと思います。逆に歯を抜いた時より痛くなかったという方もたくさんおられます。
当院では全身麻酔ではなく、歯を抜くのと同じように局部麻酔をして、だいたい30分から1時間少々で手術は終わりますし、手術後の腫れについても2~3日経てば治っています。
Q.インプラント治療を行って腫れや痛みはありませんか?
麻酔をしますから手術時にはほとんど痛みはありません。
術後の痛みは、奥歯の抜歯をした程度の痛みで歯を抜くより痛くなかったと言われる方も多いです。
この痛みは痛み止めで抑えられる範囲の痛みです。当院の患者様に聞くと術後に2回くらい痛み止めを飲んでその後は飲む必要を感じなかったという方が一番多いようです。
腫れに関しては個人差がありますが、術後、多少腫れることがあります。特に骨を増やす特別な手術を受けられた方は術後腫れる場合があります。

診療内容

診療案内

インプラント

インプラント治療とは

歯が失われた場所に、歯の根の代わるもの(人口の歯根)を埋め込み、それが骨としっかりと付いた段階で人口の歯をかぶせる治療法をいいます。

インプラント治療により、歯が生えていた頃と同様の機能性と、美しさを取り戻すことができます。素材はチタン製でできており骨と一体化する性質があり、また、金属アレルギーの心配がほとんどありません。

当院では、これまでに多くのインプラント治療の実績があり、歯を失ってお困りの方にインプラント治療をおすすめいたします。

こんなかたにおすすめ

  • 審美的に入れ歯を使うのに抵抗がある。
  • 入れ歯の脱着がわずらわしい。
  • 入れ歯が気持ち悪くて装着できない。
  • 入れ歯が合わなくなった。
  • 一番奥の歯が抜けていて、ブリッジができない。
  • 抜けている歯の数が多く、ブリッジでは支えきれない。
  • ブリッジをするために健康な歯を削りたくない。
  • 交通事故の外傷などで歯を失ってしまった。

このようなメリットあり

  • 見た目が自然で、口元を人前で気にすることがありません。
  • 天然の歯と同じような機能が期待できます。
  • 噛み合わせの安定を長期間保つことが出来ます。
  • 入れ歯のように毎日取り外す必要がありません。
  • ブリッジの治療のように、隣の歯を削らなくても大丈夫です。
  • ご高齢の方にとっては、自然な咀嘔運動の促進により、痴呆症の防止につながります

インプラント治療について

歯を1本失った場合

失った部分にインプラントを1本埋入します。従来は健全な両隣の歯を削ってブリッジを用いて治療していましたが、インプラントを用いると健全な歯を傷つけることなく治療を行う事が出来ます。

歯を何本か失った場合

従来は局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いてブリッジタイプのさし歯治療を行います。入れ歯を固定する為の金属のバネによる違和感は、もちろんありません。

歯を全て失った場合

従来の総入れ歯ではなく、インプラントを用いて治療します。この方法なら、インプラントが義歯を支える土台となる為、お口の中で義歯を安定させる事ができ、咀嚼効率もあがります。

インプラント治療の流れ

診断と治療計画

レントゲン・口腔内写真撮影などによって十分な診断後、インプラントに関する説明を行います。

インプラントの埋込み手術

チタン製の小さなネジのような形状のインプラントを局所麻酔で顎の骨の中に埋め込みます。

骨との結合を待つ

インプラントと骨がしっかりくっつくまで約6週~24週間待ちます。この期間は、インプラントの上に仮歯をいれておきます。

歯の装着

出来上がった人工の歯を取り付けます。

メンテナンス

インプラントを快適に使っていただくためにも、メンテナンスが大切です。正しい歯磨きや定期検診を受けましょう。

※患者様の症例により、治療の流れに多少の違いがあります。

Q&A

誰にでも治療は受けられますか?
年齢的に顎の骨が完成する20歳前後から、健全な方であれば基本的に誰でも治療を受ける事が出来ます。ただし、全身疾患、妊娠中の方などはインプラント治療を受けられない場合がありますので、担当医にご相談下さい。
手術の際に入院が必要ですか?
基本的には入院の必要はありません。但し、特殊な症例の場合や、全身疾患を有する患者さんの場合には、入院して手術を行う事もあります。
治療期間はどのくらいかかるのですか?
インプラントを埋入した部分や個人によって差がありますが、4ヶ月から7ヶ月程度の治療期間が必要となります。
インプラントはどのくらいもちますか?
患者さんのお口の中の衛生管理大きく関係してきますので、お口の衛生状態が悪いと寿命が短くなる場合もあります。常に衛生状態を良好に保ち、担当医師や衛生士の指導に従っていただくことが大切です。
治療費用はどのくらいかかりますか?
現在保険治療の適用になっていません。埋入するインプラントの本数など治療の内容により異なりますので、詳しくは担当医師にご確認下さい。
インプラントの手術が怖く感じるのですが・・・
インプラントの手術が怖いというイメージを持つ方も多くいらっしゃいます。確かに、「手術」と聞くと、恐いイメージを持ちます。そのお気持ちはよく分かります。しかし、実際には歯を抜くような程度の手術ですので、ケースにもよりますが、そのほとんどが小手術だと思っていただければと思います。逆に歯を抜いた時より痛くなかったという方もたくさんおられます。
当院では全身麻酔ではなく、歯を抜くのと同じように局部麻酔をして、だいたい30分から1時間少々で手術は終わりますし、手術後の腫れについても2~3日経てば治っています。
Q.インプラント治療を行って腫れや痛みはありませんか?
麻酔をしますから手術時にはほとんど痛みはありません。
術後の痛みは、奥歯の抜歯をした程度の痛みで歯を抜くより痛くなかったと言われる方も多いです。
この痛みは痛み止めで抑えられる範囲の痛みです。当院の患者様に聞くと術後に2回くらい痛み止めを飲んでその後は飲む必要を感じなかったという方が一番多いようです。
腫れに関しては個人差がありますが、術後、多少腫れることがあります。特に骨を増やす特別な手術を受けられた方は術後腫れる場合があります。

診療案内

診療内容

医院紹介

お問い合わせ

アクセス方法

マップ

JR「膳所駅」、「京阪膳所駅」より
東へ徒歩4分

【所在地】

〒520-0802
滋賀県大津市馬場3丁目13-31

【連絡先】

TEL: 077-524-8241
FAX: 077-524-8828

医院紹介詳細へ

Copyright © 大津市の歯科 たかやま歯科医院 All Rights Reserved.